映画『ANNIE(アニー)』のあらすじ、感想

Pocket

ミュージカル映画なので、どうかなって思ってみましたが、これがとても面白かったです。ブロードウェイ・ミュージカルの『ANNIE(アニー)』を見たこと無い人にも、とても楽しめる映画なんじゃないでしょうか。
ANNIE/アニー
自分もミュージカルの『ANNIE(アニー)』は見たことがなく、トゥモロー♪トゥモロー♪と歌だけは知っている程度でしたが、なんか見ているだけで楽しくなってくる映画でしたね。子供でも楽しめるダンスや歌が明るいストーリーの映画ます。

映画『ANNIE(アニー)』のあらすじ

舞台はニューヨーク。アニー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は幼いときにレストランに置き去りにされて孤児となったため、里親のハニガン(キャメロンディアス)に育てられています。

10歳になるアニーは毎週金曜日の夜になると、両親と別れたレストランの前でまた会えることを夢見て過ごします。

ある日お金持ちで次期ニューヨーク市長の候補とされるスタックス(ジェイミー・フォックス)の選挙キャンペーン中に、車にはねられそうになったアニーを偶然助けます。

スタックスは選挙スタッフに勧められてアニーを引き取ることでイメージを上げ選挙戦を有利にしようと考えます。アニーも自分が有名になれば両親が名乗り出るかも知れないと、スタックスの住む超高層ビルのペントハウスで共同生活を始めます。

そんな時、アニーの両親に関わる知らせが届きます。そしてアニーはその両親に引き取られていきますが、途中本当の両親でないことに気づきます。

選挙スタッフが仕組んだ偽の両親にアニーが連れ去られたことをスタックスは知り、助けに行きます...。

ブロードウェイ・ミュージカルの『ANNIE(アニー)』の舞台を現代に変えたリメイク映画です。

映画『ANNIE(アニー)』の感想

ミュージカル映画と言えば、セリフのところが歌やダンスになっていて、なんか会話のテンポがつかめなくて、あまり好きではありませんでした。

しかし『ANNIE(アニー)』では、会話をするところでは、きちんとセリフでしゃべり、所々タイミング良くダンスや歌が挿入されていたので、会話も分かりやすく、歌やダンスも楽しめました。

特に主題歌の「Tomorrow(トゥモロー)」は、ストーリーに合わせたシーンでアニーが歌うところが感動的でした。

映画通の人やミュージカル好きの人からみると、ストーリーもあっさりとして、すこし物足りなさを感じる知れませんが、単純に楽しめますので、子供と一緒に家族で観るのにオススメの映画だと思います。

個人的にはキャメロン・ディアスのおばさんぶりに驚きましたが、いい味だしているなと思いました。

U-NEXT(ユーネクスト)は映画やドラマをダウンロード視聴ができるので、通信環境を気にせずに外出先や移動中でも快適に観れるのでとても重宝しています。
参考:「U-NEXTプレイヤー」で動画をダウンロードする方法と使い方

キャスト・スタッフ

監督
ウィル・グラック

脚本
アライン・ブロッシュ・マッケンナ 、 ウィル・グラック 、 エマ・トンプソン

キャスト
ベンジャミン・スタックス: ジェイミー・フォックス
アニー:クヮヴェンジャネ・ウォレス
グレース:ローズ・バーン
ハニンガン:キャメロン・ディアス

映画『ANNIE(アニー)』は、U-NEXTのPPVで観ることができます。無料トライアル時に600ポイントもらえますので、その600ポイントを使って『ANNIE(アニー)』を観ることができます。つまりU-NEXTの無料お試しを利用すれば無料で映画『ANNIE(アニー)』が視聴できます。

3分で登録完了! → U-NEXT 31日間無料トライアル
無料トライアル期間中に解約すると、料金はいっさいかかりません。

※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は動画配信サービス各社のホームページでご確認ください。