海外映画の字幕版・吹替え版、それぞれのメリットとデメリット

Pocket

海外映画や海外ドラマを見るとき、あなたは字幕派ですか、それとも吹き替え派ですか? どちらで見るかは好みによるところも大きいと思いますが、どちらで見る方がいいのでしょうか。

huluの日本語字幕

字幕版と吹き替え版のメリットとデメリット

動画配信サービスの海外作品は、「字幕版のみ」、「吹き替え版のみ」、「字幕版/吹き替え版どちらも有り」の3種類があります。

テレビで見る洋画はほとんど「吹き替え」ですし、映画はどちらかの料金を払うことになります。その点、動画配信サービスでは、字幕版、吹き替え版のどちらも配信されている場合は、どちらで見るかを選べるのでとても便利ですよね。

そこで動画配信サービスで字幕版と吹き替え版で、視聴する場合のメリットとデメリットについて比較してみたいと思います。

字幕のメリット

脳が活性化される

字幕の映画を観るということは、「映像を見る」、「音を聴く」、「文字を読む」という3つのことを同時に行います。複数の刺激を脳に与えることで脳が鍛えられるといわれています。

また、文字情報は感情に訴える力が大きくて、脳が活性化されるといいます。つまり字幕で映画を見ることは、脳が鍛えられて、認知症予防にもいいようです。

外国語の勉強ができる

動画配信サービスの多くは、英語、韓国語、中国語などの作品があり、その日本語字幕版があります。これを外国語の勉強に役立てることができます。

字幕版で英語やドラマを見ているだけで、外国語が自然と耳に入ってくるので、意識して聞いていることで、ヒヤリングの学習にもなりますし、「huluの映画で英語を独学で学習する超便利なトレーニング方法」などで外国語のトレーニングにも使えます。

字幕のデメリット

翻訳者によってストーリーの面白さが変わる

同じセリフでも直訳する場合もあるし、前後のストーリーや役どころの言葉使いに合わした翻訳で、より面白いストーリーにもなります。しかし、その反対に下手な翻訳がされた作品はつまらなくなることもあります。

吹き替えのメリット

子供でも楽しめる

やはり吹き替えの最大のメリットは、子供からお年寄りまで誰でも楽しめることですね。字幕を見る必要がないので、少々暗い部屋でも楽しめます。

「ながら」作業ができる

洗濯物をたたみながら、料理をしながらなど、セリフや音が聞こえていると、他の作業をしながらでも映画を楽しむことができます。

吹き替えのデメリット

セリフのニュアンスが伝わらないことがある

これは字幕版でもあることですが、翻訳者によってどうも違うと感じることがあります。しかも声と口の動きが大きく違う場合、少し違和感があって感情移入しにくいこともあります。

字幕版と吹き替え版のまとめ

このように、字幕版と吹き替え版には、それぞれメリットとデメリットがあります。

例えば、認知症が気になる年配の人なら字幕版で認知賞予防に、忙しい奥さんの家庭では、家事をしながら吹き替え版で楽しむなど、作品自体を楽しむことに加え、メリットを活かした利用をしてみてはどうでしょうか。

動画配信サービスの「U-NEXT」や「Hulu」なら、字幕版や吹替え版の両方が用意されている海外作品がありますので、一度試してみてください。無料トライアルでどちらも視聴できます。

3分で登録完了! → U-NEXT 31日間無料お試しキャンペーン登録ページ
無料お試し期間中に解約すると、料金はいっさいかかりません。解約も超簡単!

3分で完了! → Hulu 2週間無料お試しキャンページ申し込みページ
無料お試し期間中に解約すると、料金はいっさいかかりません。解約も超簡単!

※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は動画配信サービス各社のホームページでご確認ください。