映画『そして父になる』のあらすじ、キャスト紹介

Pocket

生まれたばかりの赤ちゃんを病院で取り違えられ、6年間育てた息子が他人の子供であることが分かった2組の家族の物語です。ある日突然病院からの連絡で子供の取り違えが分かった夫婦、訳も分からず他人の家に預けられることになった子供たち、2組の夫婦が選択した答えとは?
そして父になる
都心の一流企業に勤めるエリートサラリーマンの野々宮良多(福山雅治)は、高層マンションに住み、国産高級車に乗る、勝ち組といわれる人種です。妻のみどり(尾野真千子)との間に、6歳になる長男慶太と幸せに暮らしています。

一方、群馬県の田舎町で小さな電気屋さんをいとなむ斎木雄大(リリーフランキー)は勝ち組とは真逆の生活を送っています。妻ゆかり(真木よう子)、長男琉晴と2人の兄弟、おじんちゃんの6人家族です。

子供の取り違いが分かってから、双方の家庭との交流を持つわけですが、エリートの野々宮良多は、がさつで品のない斎木雄大と対立します。斎木雄大の家で育った琉晴は、活発でいたずらっ子ですが、野々宮良多の家で育った慶太は、おとなしく親のいうことを良く聞く言わばいい子です。

実の子か育ての子か?究極の選択

お互いの家に泊まらせて、慣れさせようとしますが、斎木雄大の家で育った琉晴は、野々宮良多に思うようになつきません。そんな状況の中、どちらの親も「6年間育てた子供」を交換していいものか答えのでないまま時間が過ぎますが、やがて子供を交換することと考えます。

そして父になる
野々宮良多の家に住むこととなった実の息子の琉晴は、野々宮の家の窮屈さに我慢できずに、だまって斎木の家に帰ってしまいます。そんな息子琉晴を家に連れ戻しますが、そこから子供に対する気持ちが変わり始めます。

エリートサラリーマンで仕事一図で子供と真剣に向き合うことがあまりなかった野々宮良多は、子供に合わせてピストルゴッコをしたり、一緒に遊びだします。そんな時、子供がポツリとつぶやいた「家に帰りたい」という言葉で野々宮良多の気持ちが大きく変わります。

そして父になる
琉晴をつれて斎木に家に行きますが、野々宮良多の家で育った慶太は、子供ながらに親に捨てられたと思い良多を見るなり逃げ出してしまいます。そんな慶太を追いかける野々宮良多は一番いい選択をするかも知れません。

「これからはおじさんをパパと呼びなさい」と子供に言った時「なんで?」という質問に答えることのできる人がいるのでしょうか。父親として、どうやって子どもと接すればいいのかをじっくり考えさせられる作品でした。

『そして父になる』のあらすじ

学歴、仕事、家庭。全てを手に入れ、自分は人生の勝ち組だと信じていた良多(福山雅治)。ある日病院からの連絡で、6年間育てた息子は病院内で取り違えられた他人の夫婦の子供だったことが判明する。

幸せだった夫婦に突然降りかかった事件。実の子か育ての子か、迫られる無情な選択。「血のつながりとは、家族とは何?」と、魂に深く問う、衝撃の物語。

第66回カンヌ映画祭審査員特別賞受賞作品。

『そして父になる』のキャスト

監督
是枝裕和

出演
福山雅治/尾野真千子/真木よう子/リリー・フランキー

お得情報
U-NEXTの31日間無料トライアル期間中に『そして父になる』が無料で視聴できます。
なぜなら無料トライアル申し込みと同時に600ポイントもらえるので、そのポイントですぐに『そして父になる』が観れるわけです。しかも見放題作品は31日間、全部無料で見放題ですよ。
解約もすぐに出来るので、ぜひ無料トライアルで視聴してみてください。
3分で登録完了! → 31日間無料トライアル
無料トライアル期間中に解約すると、料金はいっさいかかりません。


※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は動画配信サービス各社のホームページでご確認ください。