映画『はやぶさ 遥かなる帰還』のあらすじ、感想

Pocket

たび重なる故障を乗り越え、7年にもわたる宇宙への旅を終えて、地球に帰還を果たした小惑星探査機「はやぶさ」と、そのプロジェクトを支えた人々を描いた映画です。

はやぶさ

映画『はやぶさ 遥かなる帰還』のあらすじ、レビュー

小惑星探査機「はやぶさ」は、2003年5月9日種子島宇宙センターから打ち上げられました。はるか60億キロ離れた宇宙空間に浮遊する「イトカワ」という小惑星の表面の砂を採取して、地球に戻ってくるというミッションを与えられました。

この砂を持ち帰ること(サンプル・リターン)が最大の目的であり、サンプルの砂によって、宇宙の起源を解き明かすきっかけとするのでした。

JAXAのプロジェクトリーダーの山口(渡辺謙)を中心に、、エンジン担当の藤中(江口洋介)、技術協力の民間企業(NEC)に籍を置く森内(吉岡秀隆)、カプセル担当の鎌田(小澤征悦)たちが、たび重なる故障などの危機を乗り越え、なんとかミッションを成功に導きます。

映像のすばらしさもあって、「はやぶさ」が「イトカワ」へ向かうシーンは、はてしない宇宙の大きさに感動します。そして人類の偉大さに驚かされます。

2010年6月13日、「はやぶさ」は、1500個以上のサンプルを採取して地球に戻ってきました。

ほんとうは、大気圏に突入して燃え尽きる予定ではありませんでした。サンプルを搭載したカプセルだけを切り離して、探査機は地球の軌道を回る予定でしたが、故障のためやむなく大気圏に突入させたのでした。

最後の大気圏突入のシーンを観て思いました。宇宙をテーマにした映画はたくさんあります。最近では『セログラビティ』の映像美に驚かされました。しかし現実に日本の探査機が宇宙を旅して戻ってくることに非常に感慨深くなった映画でした。

スタッフ
監督:瀧本智行
原作:山根一眞
脚本:西岡琢也
音楽:辻井伸行、

キャスト
山口駿一郎(渡辺謙)
藤中仁志(江口洋介)
森内安夫(吉岡秀隆)
井上真理(夏川結衣)
鎌田悦也(小澤征悦)
井上の父(山崎努)

「はやぶさ2」の打ち上げ

映画の中でも出てきた”インパクター(衝突装置)”という鋼鉄製の弾丸を惑星の表面にぶつける機構を搭載しますが、今回はもっと進化したもののようです。

「はやぶさ」では小惑星の表面に数グラムの金属球をぶつけて舞い上がる砂の粒子を収集しました。「はやぶさ2」では、2kgの金属球をぶつけて表面にクレーターをつくって、深いところのサンプルを持ち帰る計画なんです。

この金属球は秒速2kmで惑星表面にぶつけられます。このあたりの描写は映画『はやぶさ 遥かなる帰還』で描かれています。「やはぶさ2」の打ち上げまでに映画を観ておけば、より感動が深まりますよ。

2014年11月30日に打ち上げ予定の「はやぶさ2」は、2018年に小惑星「1999 JU3」に到着する予定です。そして「はやぶさ2」が地球に帰還するのは2020年です。

『はやぶさ 遥かなる帰還』はdビデオで視聴できます。

dビデオは今なら、初回31日間無料で映画やドラマなどが見放題、音楽も聞き放題ですので、ぜひ視聴してみてください。

dビデオ → 31日間無料トライアル


※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は動画配信サービス各社のホームページでご確認ください。