三谷幸喜が描く歴史エンタテインメント「清須会議」配信開始

Pocket

清須会議』は、『THE 有頂天ホテル』(平成 18 年)、『ザ・マジックアワー』(平成 20 年)、『ステキな金縛り』(平成 23年)など、日本中を爆笑と温かい感動で包み込む数々のヒット作を作り出してきた三⾕幸喜が、およそ 17 年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇です。

監督作品としては初の歴史物で、小説とは全く違ったアプローチで映画化されています。

織田信長の後継者の座をめぐり、柴田勝家と羽柴秀吉がし烈な駆け引きを繰り広げ、“会議の席上で歴史が動いた”と言われる“清須会議”を題材に、これまでにあまり描かれてこなかった歴史の中の一幕が、日本映画界を代表する役所広司、大泉洋ら総勢 26 名の豪華キャストによって、描かれています。

史実と比較して見るもよし、細部までこだわった衣装やメイク、美術にも注目するもよし、映画史上最も笑える異色の時代劇をとことん堪能することができます。

笑いあり、涙ありでつづる「清須会議」を U-NEXT では、PPV(ペイ・パー・ビュー)で配信いたします。なお、DVD ・ブルーレイの発売と同日配信となっております。

【配信期間】︓平成26年5月14日〜平成26 年 11月13日
【価格】︓400円(税抜)/2日間<PPVでの配信>

お得情報
U-NEXTの31日間無料トライアル期間中に『清須会議』が無料で視聴できます。
なぜなら無料トライアル申し込みと同時に600ポイントもらえるので、そのポイントですぐに『清須会議』が観れるわけです。しかも見放題作品は31日間、全部無料で見放題ですよ。
解約もすぐに出来るので、ぜひ無料トライアルで視聴してみてください。
3分で登録完了! → 31日間無料トライアル
無料トライアル期間中に解約すると、料金はいっさいかかりません。


【清須会議】
“清須会議”とは、天正10年(1582年)、6月27日に尾張国・清須城で開かれた会議のこと。本能寺の変によって織田信長が亡くなり、織⽥家の後継⼈に誰を選ぶべきか、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴<のちに豊臣秀吉(大泉洋)>の2人が後見に名乗りを上げる。勝家は信長の三男で秀才の誉れも高い信孝(坂東己之助)、一方秀吉は大うつけ者と噂される次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信⻑の妹・お市様(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に引き寄せる。そして跡継ぎを決めるための“清須会議”が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく。

※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は動画配信サービス各社のホームページでご確認ください。