3月3日はアカデミー賞受賞式。これまでの受賞作品を観てみる

Pocket

映画の祭典、アカデミー賞受賞式は3月3日です。今年のアカデミー賞作品賞は『ゼロ・グラビティ』『それでも夜は明ける(3月7日から日本公開)』『アメリカン・ハッスル』『her 世界でひとつの彼女(6月28日から日本公開)』『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』『キャプテン・フィリップス』『あなたを抱きしめる日まで(3月15日から日本公開)』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ダラス・バイヤーズクラブ』の9作品です。

アカデミー賞

個人的にはサンドラブロックが好きなので『ゼロ・グラビティ』に受賞してほしいのですが、きっと作品賞は外しても主演女優賞はいけるんじゃないでしょうか。『キャプテン・フィリップス』も『ダラス・バイヤーズクラブ』も実話に基づいた作品であり、観ていてとても面白かった映画でした。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の主演のレオナルド・ディカプリオもアカデミー賞無冠から脱出なるかも見どころですね。

第12回アカデミー賞作品賞の名作『風と共に去りぬ』から、2011年(第83回)のアカデミー賞作品賞の『英国王のスピーチ』まで、歴代のアカデミー賞受賞作品をはじめ、ノミネート作品がHuluなら月額月額933円(税抜)で見放題です。

Huluならアカデミー賞受賞作や名作が月額月額933円(税抜)で見放題です。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は動画配信サービス各社のホームページでご確認ください。