映画『グリーンマイル』のあらすじ、感想

Pocket

人に触れるだけで病気を治したり、命を救うことができる奇跡の能力を持つ人間といえば、SF映画かと思ってしまったのですが、これがまったくいい意味で裏切られた映画でした。
グリーンマイルをdビデオで視聴

タイトルにインパクトないので、今まで見ずにいたのですが、もっと早く観ておけばと思えたヒューマンドラマです。

映画『グリーンマイル』あらすじ

舞台はアメリカのジョージア州にある刑務所。死刑囚が電気椅子までに最後に歩く緑色をした廊下を「グリーンマイル」と呼ばれていました。

その刑務所に、死刑囚としてやってきたのが、ジョン・コーフィという黒人の大男です。ジョンは、幼い姉妹を虐殺した罪で死刑を宣告されました。

ある日、看守で主任のポール(トム・ハンクス)の尿道炎を、体に手で触れただけで治しました。また囚人が飼っていたネズミを威張り散らした看守の一人に踏みつぶされて殺されたのを、生きかえらせました。

看守たちはジョン・コーフィが特殊な能力を持つことを知ります。

そんな時、刑務所長の奥さんが脳腫瘍になり、命が長くないことを知ります。

主任のポールや看守たちはジョン・コーフィの力をかりて、刑務所長の奥さんの重い病気を救うことを計画します。

もちろん死刑囚を、簡単に外の連れ出すことはできず、連れ出したのを見つかれば、クビどころかつかまってしまいます。

しかしポールは危険な計画にも関わらず、ジョン・コーフィとともに所長の奥さんに会いに行き、病気を治してしまいます。

グリーンマイルをdビデオで視聴

ジョン・コーフィが病気を治すためには、病気を自分で吸い込んで、それを外に吐き出すことで治します。ポールの尿道炎や踏みつぶされたネズミを生きかえらせた時も、同じように最後には吸い込んだ「気」を吐き出していました。

しかし、所長の奥さんの病気を吸い込んだ時には、吐き出さず飲み込んだままでした。

それは、看守たちを助けるため、そして自分に押し付けられた幼い姉妹を殺した本当の犯人に罰を与えるための方法だったんです。
そして、このストーリーはおじいさんによって伝えられた物語なんですが、このおじいさんが実は...。

映画『グリーンマイル』感想

あらすじを読んだりすると、ある程度どんな映画かわかるのですが、動画配信サービスではかなりの作品数があるので、映画タイトルだけで判断してしまいます。

タイトルだけで中身を判断すると失敗しますよね。かといって一作品づつあらすじをチェックするのも時間がかかります。でもタイトルで期待していなかった作品も、観てみると面白い作品だった場合は、なんか得した気分です。

『グリーンマイル』は、188分と少し長い映画です。ちょっと切なくて、あたたかい気持ちになる映画でした。

映画『グリーンマイル』のキャスト・スタッフ

監督/脚本
フランク・ダラボン

原作
スティーヴン・キング

出演
トム・ハンクス、デイヴィッド・モース、ボニー・ハント、マイケル・クラーク・ダンカン、ジェームズ・クロムウェル、マイケル・ジェッター

映画『グリーンマイル』は、動画配信サービス「dビデオ」で観れます。今なら31日間無料トライアル期間中に観ることもできます。

動画配信サービス「dビデオ」なら月額500円(税抜)で映画やドラマが見放題



※ この記事は投稿日時点の情報です。配信終了や価格変更している可能性があるので、
詳細は動画配信サービス各社のホームページでご確認ください。